ノースアジア大学 雪国民俗館
 
 
 
メニュー

雪国民俗館
時 間 10:00-15:00
(年内)
休館日 土日・祝日(団体予約は応相談)
料 金 入場無料
所在地 ノースアジア大学
〒010-8515
秋田県秋田市下北手桜字守沢46-1
電 話 018-836-2405
メール taiki-s@nau.ac.jp
担 当 佐々木
雪国民俗館Facebookノースアジア大学


 
ノースアジア大学 雪国民俗館 活動報告
 
 第5回 企画展のご紹介 「農具が語る米作り」 2012.7/6〜7/7

第5回目企画展示「農具が語る米作り」は無事に終了いたしました。

鍬や千歯こき等の、手作業中心の時代には欠かせない農具一式を公開しました。

過去の常設展とは違い、雪国民俗館本館での開催となりました。当日は学園祭も開催し、雨天にも関わらず多くの来場者にお越しいただきました。

現在は本館にて、企画展の展示をそのまま残しておりますので、ご覧になりたい方は左記連絡先にご連絡ください。皆様のご来館を心よりお待ちしております。

ノースアジア大学 農具が語る米作り 写真

学園祭当日は天候に恵まれませんでしたが、大きな看板を入口に設置するなど、館員一同、集客に力を入れました。

  
 
 第4回 企画展のご紹介 「ハレとケの生活展」 2012.11/1〜12/1

第4回目企画展示「ハレとケの生活展」は無事に終了いたしました。

女性が成人式などで着用した振袖や、寒い夜に掛け布団として着用した夜着などを展示いたしました。また、企画展初の国指定・重要有形民俗文化財の作業用覆面も合わせて展示いたしました。

国指定の覆面は撤去いたしましたが、過去の展示品(あかり具、食器具、わらの民具)も合わせて、現在は常設展として衣類等も展示しております。

年内は12月27日まで開館しておりますので、是非ともご来場ください。

ノースアジア大学 雪国民俗館 ハレとケの生活展 写真ノースアジア大学 雪国民俗館 ハレとケの生活展 写真
ノースアジア大学 雪国民俗館 ハレとケの生活展 写真ノースアジア大学 雪国民俗館 ハレとケの生活展 写真
 
 民俗学シンポジウムのご紹介 2012.9/22

民俗学シンポジウム「雪国の暮らしと文化 -藁の民具から-」は無事に終了いたしました。

7月の企画展のテーマでもあった”わら”を採り上げ、本学の教授と学生が様々な観点から
講演をいたしました。

民俗学や文学、歴史、比較文化、環境学といった分野から”わら”を見つめることができました。会場では鋭いご意見もいただき、今後の当館の活動に参考になる有意義なシンポジウムになりました。

お越しいただいた皆様には深く御礼を申し上げます。 ありがとうございました。

ノースアジア大学 雪国民俗館 シンポジウム2012 写真ノースアジア大学 雪国民俗館 シンポジウム2012 写真
  
 
 Facebookページのご案内  2012.7/5

このたび雪国民俗館では、Facebookページを開設いたしました。

当館のFacebookページでは、企画展の案内や民具の紹介など、雪国民俗館に関する情報をお知らせいたします。その他、不定期に館員の活動日記なども掲載する予定です。
民具にご興味のある方は是非ともコメントや投稿をお願いいたします。

>ノースアジア大学 雪国民俗館 Facebookページへ

Facebookについての詳細な情報は下記のサイトをご確認ください。

>Facebook 公認ナビゲーションサイト

>Facebook 安全について

 
 第3回 企画展のご紹介 「わらが語る雪国の暮らし展」 2012.6/30〜7/31
ノースアジア大学 雪国民俗館 わらが語る雪国の暮らし展

第3回目企画展示「わらが語る雪国の暮らし展」は無事に終了いたしました。

雪国の暮らしに欠かすことのできない”わら”をテーマに民俗資料を公開いたしました。

厳しい風雪から寒さを防ぐための”けら”をはじめ、”わら”で編んだ履物や笠等、約100点の民具の他、会場には”わら”を纏ったナマハゲや、囲炉裏を囲んだ座敷も設置しました。

当企画展に見学された皆様には深く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

ノースアジア大学 雪国民俗館 わらが語る雪国の暮らし展 写真ノースアジア大学 雪国民俗館 わらが語る雪国の暮らし展 写真
ノースアジア大学 雪国民俗館 わらが語る雪国の暮らし展 写真ノースアジア大学 雪国民俗館 わらが語る雪国の暮らし展 写真
 
 第2回 企画展のご紹介 「食と民具展」  2012.4/2〜4/27

第2回目企画展示「食と民具展」は無事に終了いたしました。

前回の企画展で行ったアンケート結果で最も要望の多かった、「食と民具」を企画展のテーマに取り上げました。

秋田の生活で使われてきたお膳、器、焼き物、盃など約80点を展示しました。前回より半分の開催期間にも関わらず、500名以上の方に足を運んでいただきました。

当企画展に見学された皆様には深く御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

> 民具展のようす(動画)

ノースアジア大学 雪国民俗館 食と民具展 写真ノースアジア大学 雪国民俗館 食と民具展 写真
ノースアジア大学 雪国民俗館 食と民具展 写真ノースアジア大学 雪国民俗館 食と民具展 写真
 
 第1回 企画展のご紹介 「暮らしの中のあかり展」  2011.10/31〜12/23
ノースアジア大学 雪国民俗館 暮らしの中のあかり展

記念すべき当館第1回目の企画展示「暮らしの中のあかり展」を無事に終えることができました。
誠にありがとうございました。

「あかり具」をテーマに、 秋田の生活で使われてきた燭台、行燈、提燈、ランプなど約50点を展示しました。

期間中900名を超える見学者で会場が賑わいました。

当企画展に見学された皆様には深く御礼申し上げます。今後ともご支援・ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

> あかり展のようす(動画)

ノースアジア大学 雪国民俗館 暮らしの中のあかり展 写真ノースアジア大学 雪国民俗館 暮らしの中のあかり展 写真
ノースアジア大学 雪国民俗館 暮らしの中のあかり展 写真ノースアジア大学 雪国民俗館 暮らしの中のあかり展 写真

> TOPへ > HOMEへ


ノースアジア大学 コピーライト