ノースアジア大学観光学科
 
 

主な内定先[平成29年度]

 
佐藤侑美さん (株)電通ワークス (明桜高校 出身)

佐藤侑美さん

私は大学生活で秋田のPR活動に力を入れ、県内外のさまざまな場所でPRを行いました。 観光学科の講義で学んだ秋田県の魅力や人前での話し方、立ち居振る舞いなどが大変役に立ちました。

この活動を頑張ったことから、就職先に巡り会えたと思っています。入社後は人前でPRすることはもちろん、式典やイベントの司会、雑誌やポスターのモデルなどの業務に携わりたいと考えています。 残りの学生生活でも何事にも積極的に挑戦し、就職先で即戦力になれるように頑張りたいと思います。

 
須藤澪佳さん (株)岩手ホテルアンドリゾート (明桜高校 出身)

須藤澪佳さん

大学2年生と3年生の時に、星野リゾートをはじめとするホテルで、長期インターンシップを体験しました。インターンシップ先のホテルで、直接お客さまと接することで生まれる、やりがいや楽しさを強く感じることができて、より接客に興味を持ちました。

卒業後は、岩手ホテルアンドリゾートに就職します。就職先でも、講義やインターンシップ、アルバイトで学んだことを生かして、自分自身も成長しながら、より良い「おもてなし」ができるよう、精いっぱい頑張りたいと思います。

 
松本麻理奈さん 青山商事(株) (明桜高校 出身)

松本麻理奈さん

大学で観光学や地域振興について学ぶだけではなく、学生時代に何か、故郷である秋田に貢献できることをしたいと思い、周囲の薦めもあって、ミスあきたこまちに応募してみることにしました。 おかげさまで、平成28年度ミスあきたこまちに選ばれ、さまざまな活動に参加することとなりました。主な活動は、秋田米のPRを、県内外のイベントやデパートで行うことです。 この活動を通じて、さまざまな方々と出会い、また秋田米の美味しさや秋田県の魅力を全国の皆さまに伝えるだけでなく、自分自身、さまざまなことを学ぶことができました。 大切なことを伝える力や、周囲への気配り、コミュニケーション能力などは明らかに向上したと思います。

来年4月からは、内定を頂いた青山商事(株)で勤務することになります。大学の授業やミスあきたこまちの活動で学んだことを生かしながら、販売職のスペシャリストとなれるよう、忍耐強く努力していきたいと考えています。

 
西川大介さん 東京地下鉄(株) (明桜高校 出身)

西川大介さん

高校在学中から鉄道関係の仕事に興味があり、ノースアジア大学のオープンキャンパスに参加した際に鉄道会社から内定を頂いた先輩の話を聞き、この大学で目標とする鉄道会社への就職を目指し、大学生活を送ってきました。

観光学科に入学してみると、その実践的な科目の多さがとても魅力的でした。まちづくり関連の科目や模擬旅行会社など、学外の方々とも多くコミュニケーションを図ってきた経験は就職活動においても役に立ち、初めて会う採用面接官に対しても、緊張することなく面接に臨むことができました。

卒業後は、国内外を問わず多くの観光客で賑わう東京で働くことになります。オリンピックも控えているなかで、公共交通機関も多くの観光客の利用が予想されます。日本の首都でこの秋田で学んだ観光の知識を生かし頑張りたいと思っています。

 
菊地奨さん アパホテル(株) (明桜高校 出身)

菊地奨さん

大学在学中にホテルでのインターンシップや研修を受ける機会が3回もありました。それらを通じてホテルの仕事に強く興味を持ち、ホテル業界に進むと決め、就職活動をしていました。結果、アパホテルの全国職の内定をいただくことができました。

アパホテルの魅力は、努力次第で20代のうちに支配人になれるチャンスがあること、東京を中心に近年急速にホテル展開を行っていて、幅広い仕事に挑戦できることです。将来の夢は、約300人いる同期の中で一番に支配人になること。そして、自分の力で宿泊のお客さまにとっても働く人にとっても快適なホテルを作ります。夢を実現できるよう、常に学ぶ姿勢を忘れず、お客さまに「最高のおもてなし」を提供します。

「最初に無理だと決めつけずどんな事でも積極的に挑戦してみれば、いい結果で終わる」その点を強く実感できた就職活動でした。多くの人への感謝の気持ちを忘れず、4月から頑張ります。

 
ページのトップへ戻る